長野在住の宝塚好き親子が管理する宝塚ブログです♪

花組*『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』2回目の観劇*2階A席からの観劇の魅力*明日海りおさん 最後の舞台の黒燕尾服

昨日はラッキーな事に

明日海りおさんの退団公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』2回目の観劇できました。

OGの麻路さきさん(元 星組), 元月組 マギーさん、そして元嫁かのまりちゃんが観劇されていました。

私の今回の観劇席は 2階A席 9列サイドブロックですがセンターよりです。

さすが、2日目となると1回目とは違った感想を持ちますね。

 

2階A席からの観劇の魅力*コストパフォーマンスは一流

昨日は2回目の観劇、席は2階席なので全体が見られると期待しての観劇でした。

席は2階A席 9列サイドブロックですがセンターより5席以内です。

見え方としてはこんな感じです  ↓

 

ちなみにS席は9500円 A席は5500円です。

A席はコストパフォーマンスいいです。4000円もの差が有りますが、よく見えます。

2階席からの観劇は全体が見られて群舞の美しさが堪能できます。

 

前回は1階上手側真ん中より後方。全体が見れていなかったとあらためて実感しました。

1階18列60番台からの景色は↓こんな感じです。

確かに、近くに見ることができました。

しかし、前の人の頭が邪魔をして見ることができない部分もあるんです。

そしてこの画像からはわかりにくいのですが、群舞が平べったく、しかも重なって見え、当然ですが全体像・パフォーマンスはあまりよくわかりません。

 

しかし今回、2階席から見て初めて踊っている全員の人数をも把握でき、しかもフォーメンションの美しさも堪能できました。

 

1階すこしでも前、すこしでもセンターにちかく、そして通路側もオイシイイな💛などと感じてしまいますが、コストパフォーマンスから言うとA席はお勧めです。

その中でも2階7列センターブロックは超お勧めと確信します。ごめんなさい。まだそこの席には座った事がないので、あくまで予想なんですけど・・・ね。

その確信を決定ずけるのは、7列目の前はなんと通路!!!と言う事実、前の人の頭が一切気にならないのです。

 

華優希さん 着実に成長してます。

今回の観劇で一番の成長を感じたのは華優希さん でした。毎日のプレッシャーの中日々成長しているんだなと感じてます。11月観劇の時とは確実に違ってます。

 

前回の感想は↓  *****

「華ちゃん、頑張ったね。」その一言です。

お芝居では子供~おばあさんまで、それぞれの役をこなして、頑張りました。東京宝塚劇場でのトップお披露目として、ましてや、りお様の退団公演、相当なプレッシャーなのもわかります。

でもでも…でもです。

お芝居後半年老いてからの独唱の場面・・・

宝塚ファンなら誰でも気が付いてしまうお歌の表現!

まさに「エリザベート」のシシィと同じ。

目の前にはシシィのあの船着き場のシーンが蘇ってきてしまいました。

正直がっかりしました。華優希さんのシャーロットが見たかったです。これからに期待です。

*****

今回、気になった独唱場面・・・シシイを感じませんでした。頑張ったね。

これから、トップ娘役として楽しみです。

明日海りおさん 最後の舞台の黒燕尾服

明日海りおさん燕尾服が語るもの・・・思いばかりが募り、簡単には言葉になりません。気持ちの整理がついてからまた記事書きます。

宝塚人生のすべて!とまで感じてしまう男役さんの黒燕尾服。トップスター特有の派手な装飾がない 今回のシンプルな黒燕尾服、これは組子さん全員同じです。明日海さんがそれを着るとひときわ輝いて見えます。群舞の後 舞台上に残るりおさん、 大きな舞台の上でのただ一人でのパフォーマンス、あまりにも眩しくて凛々しくて・・・・見ていて思わず 涙が一筋・・・も~~涙はとまりません。そして「ケ・セラ」の独唱、涙が溢れすぎて前がみえません。りおさんは銀橋の前で止まり、真っすぐに前を見てそして歩きだします。宝塚男役人生を一歩づつ噛みしめ、確かめながら・・・・ 本当に気品があり、華があり、お歌の歌詞一つひとつに説得力があり、その歌声には感動してしまいます。 どれだけの努力してきたのでしょう。男役として最高の姿を私は今見ている・・・そう実感しました。

今までに何度も言ってきていますが、105年の宝塚の歴史の中で、今こうして 明日海りおさんと出会えた奇跡!に舞台の神様に感謝です。

月並みの言葉しかありませんが、「ありがとう、明日海りおさん、忘れません」

 

残す所、3日となりました。ライブビューイングのチケットが取れましたので後1回  男役 明日海りおさんを見ることができます。最後の最後まで 男役の最高の姿を目に焼き付けたいです。

最新情報をチェックしよう!